• home
  • 多文化情報
  • 支援プログラム
  • 早期適応プログラム

支援プログラム 支援プログラム 早期適応プログラム

早期適応プログラム

長期滞在を希望する外国人の入国初期段階からの安定的な定着を図るために、当該外国人の母国語別に大韓民国の基本的な法律や制度、社会適応に必要な情報などを提供するプログラムです。

·自主参加対象

滞在類型 內容
外国人留学生 国内の大学に入学した外国人留学生(D-2)及び語学研修生(D-4-1)など
密集地域外国人 外国人密集地域に居住する外国人
外国人芸能人 ホテル業の施設・遊興施設などで公演する芸術興行(E-6-2)在留資格を持つ外国人芸能人
結婚移民者 短期滞在査証(ビザ)を持って、最初に入国した国民の外国人配偶者 ※ 結婚移民者は、 韓国人の配偶者と同伴出席を勧奨
中途入国子女 結婚移民者の子女であり、外国で出生した後途中で韓国に入国・滞在することになった未成年の外国人(F-1-52、F-2-2)

·義務参加対象:外国国籍の在外韓国人

滞在類型 訪問就業(H-2)外国人登録予定者など 施行日
新規入国 韓国に初めて入国し、訪問就業(H-2)資格で外国人登録を行おうとする者 2014.9.1.より(施行中)
再入国または資格変更

訪問就業(H-2)の資格が満了し、出国後再入国して訪問就業(H-2-7)資格で外国人登録を行おうとする者

韓国に滞在中、訪問就業(H-2-99)資格で在留資格の変更許可を受けようとする者

2016.7.1.より(施行予定)

※ 例:訪問就業(H-2)の満期が到来した再入国者が、2016年7月1日以降外国人登録を行うためには、 2016年7月1日までに早期適応プログラムを履修しなければならない。

- 申込時期: 外国人登録をする前か、または韓国滞在期間が1年以下の入国初期に参加することが原則となっているが、滞在期間による制限はない。
- 申込方法 : 社会統合情報網(www.socinet.go.kr)にて会員登録を行った後、ネットで申込。
- 履修特典 : 最初の滞在期間延長の際、2年間の期間を付与
- プログラムの運営日程及び教育場所
▶ 時期:社会統合情報網で確認可能。1回参加で修了(3時間)
▶ 場所:全国の早期適応支援センター(または出入国管理事務所)

- プログラムの内容

プログラムの内容

TOP