• home
  • 就業情報
  • ネイルペウムカード制

ネイルペウムカード制 ネイルペウムカード制 ネイルペウムカード制

ネイルペウムカード制

求職者(新規失業者・転職失業者)に対して一定の金額を支援し、その金額内で自主的に職業能力開発訓練に参加できるようにし、訓練履歴などを個人 別に統合管理する制度です。支援限度額は1人当たり口座限度額200万ウォンで、有効期間は発行日から1年間、発行回数は原則として就業前に1回です。訓練過程訓練費の50~80%は政府支援、20~50%は訓練生本人の自己 負担となります。就業成功パッケージ類型1の訓練生の1人当たりの口座限度額は300万ウォンであり、自己負担額はありませんが、就業成功パッケージ類型2の場合は、10~30%の自己負担額があります。

ネイルペウムカード

  • ·支援限度額 : 1人当たり口座限度額200万ウォ
  • ·有効期間 : 発行日から1年間
  • ·発行回数 : 発行回数は原則として就業前に1回
  • ·訓練過程訓練費の : 50~80% - 政府支援, 20~50% - 訓練生本人の自己負担となります

訓練生本人の訓練分野の確認と自己負担率に対する詳細についての確認は、雇用労動部サイト(http://www.hrd.go.kr), または電話(局番なしの1350)でお問い合わせいただければ、確認するこ とができます。

口座開設申込の対象者は、現在求職中の転職失業者(雇用保険加入履歴がある者)及び新規失業者(雇用保険加入履歴がない者)です。求職者の居住地を管轄する雇用センターで発行が可能です。 詳細については、雇用労動部サイト(http://www.hrd.go.kr)、または電話(1588-1919[内線1番])にお問い合わせいただければ、確認することができます。

学習者の残りの限度額が希望する授業の政府支援金限度額より少ない場合には、該当の授業を受講することができません。決済が行われてもHRD-netで照会後、却下処理されます。 口座の有効期間は、発行日から1年間であり、発行日は雇用支援センターで口座発行を決定した日です。有効期間が満了すると、口座に残高が残っていても消滅します。口座の残高が消滅しても仮想の口座自 体は残っているので、自分の訓練履歴などが管理されます。

TOP